Img_3d399b3e967c08e914d2299ebf227508
子供を授かったり、身近の人を看取ったり、生き死にに関わることが多くなることで、人の肌の温もりをより深く感じることができるようになったように思います。

亡くなった祖母が膝枕でおでこをやさしく撫でてくれた、あの何とも言えない安心感と幸せ感。大人になっても心のどこかに残っているものですね。

自分がイライラしてゆとりがなくなったとき、子供にスリスリほおずりして、気持ちが安らいでいくのを感じたり、久しぶりに繋ぐ手が、妙に暖かく、幸せのドーパミンが溢れる気持ちになったり、

肌と肌との接点には見えない力が潜んでいるんでしょうね。言葉じゃない、なにかを伝える力。

赤ちゃんからのマッサージや、大人のタッチケアまで、日頃忘れがちな身近な人とのふれあう大切さを愛をもって伝授してくれるcloverさんのcardをデザインさせていただきました。
爽やかな優しい風が吹く素敵な女性です。