Img_e04f2350c75fdb36e38c245dc90c4633c47ff718
久しぶりの読書。文庫本ですが、来年映画も公開される「のぼうの城」上下巻です。下巻の戦のシーンはおもしろくて一気に読み終えました。

簡単な内容ですが、
「のぼう様(でくのぼうの意)」と呼ばれ、領民からも慕われた忍城の城代・長親(映画では野村満斎さんが演じます)が、わずか500人の兵で石田三成率いる豊臣秀吉方2万人の大軍に対抗するという、戦国時代の本当にあったお話です。
石田三成最大の愚策といわれる“忍城の水攻め”など、当時の人の考えることは理解不可能です。川をせき止め、7里の土塁を築き、せきを壊して城を水没させるなんて想像を絶します。
でも最後は・・・・
いつも思うのですが、当時のお侍さん達と今のサラリーマンとはダブります。でも、忠誠心は当時の人の方が純真かな。戦上手もいれば、経理担当の侍もいる。秀吉に仕える石田光成は主に経理担当だったようです。

映画も楽しみですが、この本は、もともと脚本としてかかれたもののようで、キャラがはっきりとしてて読みやすかったです。
Img_72c77c5d6abe6d178d9bb6d164f228732543dd3d
先日友人より「フェイジョア」の実をいただきました。
お庭に植えている木の実らしいです。
今シンボルツリーとして人気のフェイジョアの木。ちょっとお高いですが、カリンとともに実のなる木は人気のようです。
お味は・・・なんともトロピカルな不思議な味、さっぱりした甘ずっぱさで新鮮でした!
hさんありがとう。
Img_7c7849832f1e7f0f75ae9051624d1ef1de29a85a
Img_363f03e81418a7f44c69e7d3993df0959b8f0eb0
Open Sesame~手ごねのパンを主催するHさんへ、パンの商品に添えるカードとシールを納品しました。彼女のナチュラルで清らかでかわいらしい人柄をイメージしてロゴ製作。
“手ごねのパン”~なんと美味しそうな香ばしい香りが漂うタイトル・・・
その名の通り、ひとつひとつ手でこねこね、丁寧に手づくりして、魔法のように美味しいパンを作り出しています。
紙はケナフでよりナチュラル感を出しました。
裏面にはそんなパンに対するこだわりと、連絡先を記入、ベースには焼きたてのパンのような色を敷き、美味しそうなイメージで仕上がりました。
量産ができないため、はじめは口コミなどでお問い合わせがあったら作って納品するそうです。
パン作りと子育てに・・・日々のブログはこちらから→ (Click!) 

納品した日に、おもわず衝動買いを・・・続きはのちほど・・・

Img_667d9b9854f62cfefa3314b1495d988c83139686
我が家の真っ白い玄関の扉にやっとクリスマスらしいリースがつきました!
上の黄色のボールリースは、次男君が保育園で作って持って帰ってきたイチョウの葉のリース♡
始めはこれだけ飾っていたのですが、なにか物足りなく・・・
先日Open Sesameさん家へ納品に行ったときに連れて行ってもらった雑貨屋さん「カシス」さんでお買い得なかわいいリースを見つけ早速購入!
どちらのリースも飾りたく、欲張った末の2重構想です。「これはこれでいいかも。」と自己満足。
「カシス」さん~郊外の自然豊かな静かな住宅街の一軒家で、門から入ってイングリッシュガーデンを通り抜けると小さなショップの入口が・・・落ち着いたアンティーク中心の商品構成で、セレクトするオーナーのセンスが光ってました。上品でかわいらしい(年上の方で失礼ですが)オーナーさんでした。そんなお店のブログはこちら→ (Click!) 
Img_03cca2836484b217a7467168bd9a7e009dde0cf6
今年最後か~?
Img_366b61f269c6a72a3f4ee8548aa4bec362ccc13b
Img_14c75917a920added1ca633c542cc0bf44e81b06
ずっと行きたかった、大分市城崎にあるマクロビを提供する「ライフギャラリー花」さんへ。
料理の写真を撮り忘れ(いつも・・・)、気さくで素敵なオーナーに魅せられ、ゆっくりとしたランチタイムが過ごせました。ご興味ある方は是非、前日に予約をいれるとスムーズのようです。
ランチのみ¥1,000ドリンク付き~私はライ麦の根っこを煎じて淹れた雑穀コーヒーをいただきました。(またまた写真なし・・・)
Img_caae6c196f4ead6005f88ae4f0b39ab983a48f84
身近にこんな懐かしい自然が残っていたなんて・・・
プチトレッキング気分でした。

H22.12.29 志手のみかん山にて